2017年のアドオン

この投稿は米国 Mozilla Tech Blog の記事 “Add-ons in 2017” の抄訳です。

1年以上前に私たちはアドオンはどこに向かうのか、そして将来はどんな風になるのか、について会話を開始しました。それは多忙でした。そして2017年にやりたいと考えているガイダンスをご提供し、そのアップデートをご提供したいと思いました。

2015年を通して、私たちはコミュニティとしてFirefoxとaddons.mozilla.org(AMO)のWebExtensionsサポートを追加する基礎的な作業を行うことに注力してきました。そして開発中の標準をメンテナンスする間にレビューすべきリスト化されたアドオンに関わる時間を削減し、アドオンのe10sへの準備を済ませてきました。私たちは、Signing APIやアドオンマネージャの改良版Discovery Paneのようなイニシアティブを通してアドオンの投稿、配信と発見を簡単にするプロセスや製品を数多く変革してきました。そうして、私たちは直接のコンタクトやメーリングリスト、Eメールキャンペーン、wikiやアドオンブログを通して開発者コミュニティに変革をお知らせすることに注力してきました。

私たちが申し上げてきましたとおり、WebExtensionsはFirefoxのアドオンの将来であり、2017年も集中して取り組むエリアです。WebExtensionsはプラットフォームと切り離されており、我々がFirefoxに対してこれから、そしてそれ以降の年に予定する変革はプラットフォームには影響しません。(WebExtensionsの)開発はより簡単で、起動や実行するためにFirefoxの内部処理について学ぶ必要はありません。あなたのアドオンを最小の変更で他のブラウザーからの移植や他のブラウザーへの移植を行うことも簡単です。なぜなら、これらのAPIは – 当然ですが – Opera、ChromeやEdgeのような製品と互換性があるためです。

2017年末までに、Firefox 57のリリースに伴い、私たちはWebExtensionsだけのサポートに切り替え、デスクトップ上の他の種類の拡張機能をロードしないようにします。新しい拡張機能が2017年末以降も動作できるように、Firefox 53でAMOはWebExtensionsではない新しい拡張機能の署名受付を終了いたします。本年を通して私たちはAPIセットを拡張し、Firefoxに機能を追加し、それはまだ他のブラウザでは搭載していませんが、ユーザの前にもっとたくさんのWebExtensionsをご提供します。

移行する部品はたくさんあります。Mozilla WikiのWebExtensionsセクションで、時間軸やロードマップを含むもっと詳細な情報を追跡していきます。もしあなたがアドオンコミュニティやWebExtensionsに参加するご興味がありましたら、いくつかの方法があります。私たちは2017年を楽しみにしており、更新情報や追加情報をこちらのアドオンブログでお知らせしてまいります。

Add-onやWebExtensionsについてのより詳細な情報は、こちらをご覧ください。

注意:Firefox 53の時期にはさらなる具体的な更新を行います

1 件のコメント

  1. Pingback from MozillaZine.jp » Blog Archive » 2017 年に予定されている Mozilla ソフトウェアにおける各機能のサポート終了について on :

    […] 2017年のアドオン […]

    返信

コメントを投稿する