Nightly 版が実験的に HTC Vive をサポートしました

この記事は “Experimental HTC Vive Support in Firefox Nightly” の抄訳です。

HTC Vive の写真

去る 9 月 1 日、Firefox の Nightly 版が HTC Vive のヘッドセットを実験的にサポートし、OpenVR API から操作できるようになりました。これは計画されているハードウェアサポート拡充の一環で、その他に関しては数週間のうちにアナウンスされる予定です。そのアナウンスには HTC Vive のコントローラーや Oculus Touch コントローラー、OSVR ヘッドセットへの対応も含まれます。また Firefox は OSVR API を利用して、Mac と Linux での WebVR にも対応する予定です。

HTC Vive は Lighthouse と呼ばれるトラッキングシステムを持っています。これは部屋の中で、VR ヘッドセットの位置と向きをトラッキングするためのシステムです。これに対応することで、WebVR サイトの中を自然に歩きまわれるようになりました。

HTC Vive を利用している様子はこちらをご覧ください:https://vine.co/v/ilPIP65QqFE

この HTC Vive へのサポートは実験的なもので、コントローラーへの対応は別途行われる予定です。とはいえ、次の手順で設定を行うことで、HTC Vive のヘッドセットを WebVR で利用できるようになります。

  1. Firefox をリフレッシュして、まっさらなプロファイルを作成します。これは WebVR 向けの設定が、Nightly 版の動作に問題を引き起こす可能性があるからです。
  2. GitHub から openvr_api.dll のバージョン 1.02 をダウンロードします。64 ビット版の Firefox 向けの dll はこちらから、32 ビット版はこちらからダウンロードしてください。64 ビット版の Firefox の利用をお勧めします。
  3. openvr_api.dll を Firefox の読み取れる場所に保存します。例えば “C:\openvr” のようにフォルダを作成し、そこに保存すると良いでしょう。
  4. Nightly 版 Firefox の “about:config” を開きます。
  5. “dom.vr.openvr.enabled” の値を “true” に変更します。
  6. “gfx.vr.openvr-runtime” に、先ほど保存した openvr_api.dll の場所を、”C:\openvr\openvr_api.dll” のようにフルパスで設定します。
  7. Nightly 版 Firefox を再起動します。

動作テストは、WebVR 1.0 examplesSketchFab で行えます。これらは部屋のサイズの WebVR に対応しています。自分自身でコンテンツを作成される場合は、A-Framethree.js、詳細は WebVR 1.0 の仕様を参照してください。

コメントを投稿する