getBoundingClientRect

この記事は Firefox 3 の新機能について述べています

« Gecko DOM リファレンス

概要

テキスト矩形の集合を包含するテキスト矩形オブジェクトを返します。

構文

var rectObject = object.getBoundingClientRect();

戻り値

戻り値は、要素に対しての getClientRects() が返す矩形の集合である TextRectangle オブジェクトです。つまり、要素に関連付けられている CSS のボーダーボックスのことです。

空のボーダーボックスは完全に無視されます。もし要素のボーダーボックスの全てが空である場合は、高さと幅が 0 で、topleft は、要素に対する(コンテンツオーダーにおいての)最初の CSS ボックスの左上である矩形を返します。

矩形の範囲を算出するときは、表示領域でのスクロール量が考慮されます。

var rect = obj.getBoundingClientRect();

仕様

W3C の仕様の一部ではありません。

注記

getBoundingClientRect() は、MS IE DHTML オブジェクトモデルで最初に導入されました。

リファレンス